水炊きをもっとおいしくする野菜とは

水炊きをもっとおいしく

鍋に入れる野菜で、一番よく使われるのは白菜だと思います。冬の白菜、みずみずしくておいしいですよね。
しかーし! 水炊きに、白菜を入れるのはおすすめしません。水炊きには、キャベツがイチオシです!

水炊きには、なぜ白菜じゃなくてキャベツがいいのかというと、白菜は水分が多いため、せっかくの水炊きスープの味が薄まり、本来の水炊きのおいしさが半減してしまうからなのです。
キャベツなら、水炊きスープが薄まらずシャキッとした歯ごたえも楽しめて一石二鳥!

キャベツは包丁で切るよりも、手でもみながらちぎると味がしみやすいですよ。

キャベツのほかに、水炊きにおススメの野菜といえば、白ねぎ、春菊、人参、キノコ類などがいいですね。
しらたきを入れる方も多いと思うのですが、僕のおすすめはくずきりです。
くずきり風じゃなくて、本くずで作ったくずきりは、長時間煮ても煮くずれせずに、つるんとした喉ごしが最高です! 
水炊きにくずきり、是非やってみてください!!


ちなみに余談ですが、水炊き愛好家は、水から鶏肉を煮た鍋を「みずたき」、白濁した鶏ガラスープで煮た鍋を「みずだき」と呼んで区別しているそうです。
僕は、鶏ガラスープをコトコト煮込んだ「みずだき」派です。
みなさんは、どっちですか? 是非、教えてくださいね!

© はかた一番どり

トップへ戻る