鶏むね肉をジューシーに☆大分名物とり天

大分名物・とり天をご存知ですか?

その名の通り、鶏の天ぷらです。
唐揚げじゃなくて、天ぷら。

とり天 大分県民は全国区の食べ物だと信じているという
ソウルフードですが、
お隣・福岡でもファンが多くて、
うちでもよく作ります。

 

唐揚げと何が違うの?と言われそうですが…

 

大きな違いは、
・天ぷらの衣をくぐらせて揚げる
・酢醤油+からしで食べる

 

でしょうか。

 

あんまり変わらない気がします?笑

 

僕個人の好みとしては、
お弁当なら唐揚げ、
揚げたてならとり天!

クリスマスはとり天がおススメ!

 

とり天、ふわっと揚がって
ジューシーでおいしいんですよ~

 

そうそう、
とり天は、むね肉で作っても
とってもジューシーなんです!

 

というか、ムネ肉がおすすめ!!!

 

もちろん、もも肉だと濃厚でおいしいんですが、
衣をつけてあげるぶん、
むね肉のほうがあっさりでちょうどいい。

 

むね肉でからあげを作ると
固くなってしまいがちですが、
とり天はジューシーになるんです!
安いむね肉がおいしく
食べられるんだからいいですよね。

 

加えて、ムネ肉には、
疲労に効果があるという
イミダゾールジペプチドが豊富ですし、
風邪予防にも最適な
ビタミンAもばっちり!
ビタミンAは油と一緒に摂ると
吸収率が上がるので、
天ぷらはぴったりです。

 

作り方はとっても簡単。

むね肉をそぎ切りにしたら
醤油・酒・生姜に30分ほど漬け込みます
(白だしなどでもOK)

 

衣は、改めて調べてみたところ、
2タイプあるようです。

 

カリッと揚げたい場合は
水と小麦粉で。
水をビールや炭酸水に変えると
よりカリッと揚がります。

 

ふんわりした衣がお好きな場合は、
卵を追加します。

 

ちなみに、僕が作る場合は、
いわゆる第3のビールを入れて、
残りを飲みながら揚げます笑

 

あとは、180度の油で3分ほど揚げるだけ。
カリッとさせるために
2度揚げするとさらにグッド。

 

……特になんという特徴もない
普通の天ぷらの揚げ方ですね笑

 

酢醤油+からしとの相性バツグンなので、
ぜひ試してみてくださいね。
酢醤油は酢と醤油を1:1で割るだけ。
塩コショウで食べるのもイケますよ~。

© はかた一番どり

トップへ戻る